ダウンロード制限が緩いか厳しいかを把握しておく

ダウンロード不要のストリーミングサイト派の方は読み飛ばしてストリーミング再生に対応しているかを確認するに進んでください。

 

ダウンロード制限とは、一日にどれだけの容量、または本数をダウンロードできるかというもので、ほとんどのサイトがが容量による制限を採用しています。

 

本数なら単純明快でわかり易いのでユーザーにはありがたいのですが、容量の場合は動画の時間と画質で変わるのでわかりづらいですね。

 

時間が長く、画質が上がるほど容量は大きくなるというものです。

 

約一時間ほどのフルHD画質を1本ダウンロードして、約2GBくらいが目安かな?と思います。

 

毎日何本もダウンロードしたいのであれば、制限が緩いほうが嬉しいですが、そうなると、どこに保存するかという問題がおきます。

 

外付けHDDをあなたが前もって準備してあれば、ここで悩むことなく保存できるわけです。

 

カリビアンコム、HEYZO、一本道と言った人気サイトはダウンロード制限が厳しい傾向にあります。

 

でも、ストリーミング再生に対応していれば、制限なく動画を視聴することも可能ですのでご安心ください。

 

個人的には、ダウンロード制限はあくまで確認程度で良いと思っています。

 

質の高いおすすめ度の高いサイトは、ダウンロード制限が厳しい傾向にあるからです。

 

これは余談ですが、

 

「ダウンロード制限が緩いサイト一覧はコチラ!」

 

と、一覧でアピールする比較サイトが目につきますが、そのサイトに低評価をつけておきながら、自分のサイトから売れれば何でもいい的に思えてしまうのは、私だけでしょうか、、、